さんさろ

Webエンジニアの雑記&技術、たまにドイツ

macOS High Sierra で 外付けハードディスクをフォーマットする

デフォルトだとちょっと躓くHDDフォーマットの仕方

年内にしようと思っていて結局今頃になって外付けHDDをフォーマットしていたら、なんかよく分からない所で躓いたので、外付けHDDのフォーマットの手順をメモメモ。

そんな大した設定がいるわけではありませんが、知らないとコケるなんとも物悲しいやつです。

 

ディスクユーティリティを使った「消去」

macOS High Sierra (10.13.2) で外部HDDを初期化するのに、以下の手順で行いました。

  1. Launchpad から「その他」→「ディスクユーティリティ」
    別にディスクユーティリティを選択出来ればどこから行ってもいんですが、私の場合はこれが一番早かったので…。

     

  2. 左上の「表示」メニューから「全てのデバイスを表示」を選択。これ大事!
    これを選択することで、サイドバーのディスクの表示が変わります。この表示でないと、なぜか正常にフォーマット出来ないという落とし穴が…。



  3. ディスクを選択
    ディスクは、HDD名でなくて、その一つ上のおおもとを選択してください。

     

  4. 「消去」



  5. 名前や設定を選択→「消去」
    名前やフォーマットは自分の環境に合わせてください。
    フォーマットも色々ありますので、用途に合わせて選択してください。私は WindowsMac 両方で HDD を使える必要がありましたので、exFat にしました。


    セキュリティオプションはお好みでいいと思います。
    私は別に復元出来てもいい(フォーマットした後も自分で使いますし、HDD 廃棄するときは物理破壊する)ので、「最も速い」を選択しました。
    この設定だと一瞬でフォーマットが終わります。



  6. 完了

    この画面まで行けば完了です。



    フォーマットしてる間に風呂でも入ってこようかなとか思ってたら一瞬で終わったのでΣ(゚Д゚)ってなりました。フォーマットってそんなに速く出来るんだ……。

 

注意点

手順の 2.で、「全てのデバイスを表示」を選択せずに、表示されたデバイスを選択しただけで「消去」を行うと、以下のエラーが出てフォーマットにコケます。

消去プロセスを完了できませんでした。
Unmounting disk

MediaKit reports not enough space on device for requested operation.

操作が失敗しました... 

 

なんとも理不尽な。

初期状態のデバイスを選択しただけだと、消去中にディスクがアンマウントされるっぽくて、それでエラーになってるのか…?

それなら最初っから全てのデバイス表示してくれていればいいものを……と文句を行った所で始まらないので、粛々と表示を確かめましょう。

 

これでHDDのフォーマットは終わりです!

 

あとはバックアップの設定だなぁ。

なんか Time Machine がめちゃ重たいという記事も見かけたので、もうフリーのシンプルなバックアップソフトにでもしようかな…。