さんさろ

Webエンジニアの雑記&技術、たまにドイツ

ゆふいん源流太鼓を勝手に応援

太鼓って、なんか好きです

今年大分県である国民文化祭のプレイベントというのが、昨年末に大分駅前でやってまして。

第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会

お神楽とか太鼓とか来ると聞いていたので、ちょっと見てみようかと思って大分駅に寄りました。

最初は DRUM TAO て見たことないし、見よっかな、くらいだったのです。風もあって結構寒かったのですけど、ガスヒーターの横に陣取ってのんびり舞台を見ていました。

DRUM TAO は、世界で活躍しているというし、ネームバリューもあってやっぱり凄かったですね。迫力もあったし、ファンも来てたのか黄色い声援も上がってて「おお……(゚∀゚)」って感じでした。

TAOは文化芸能というより、エンターテイメントという感じでしたね。こういう魅せ方もあるんだなぁ、と。

けど、何ていうんですかね、ああいう……ビジュアル系……?になるんですかね。きらきらしい感じの……。

私はむしろプログラム中盤あたりでやっていた「ゆふいん源流太鼓」の方に心惹かれました(とか言ったらTAOのファンのお姉さま方にボコられそう……)。いえ、DRUM TAO も凄かったですよ。ホントに!でも、単に好みの問題ですかね。

ゆふいん源流太鼓は、はっぴにハチマキの、大立ち回りがあるわけでもない典型的といえる太鼓グループ(と言っても、専門家でもなんでもないので典型的が何たるやを知っているわけではありませんが)で、華やかさこそないかもしれませんが、しかしむしろその朴訥な感じがなんとも言えず、良い……!

 ↑イベントで演奏されるゆふいん源流太鼓の皆様

大太鼓?を叩いてるおじさまが「よっ!」とか掛け声かけたりするのがね、またたまらなく渋くて「かっこえええぇぇぇ………(*´ω`*)」ってなるわけなんです……!!

太鼓の種類とか笛の種類とか曲目とか、全然知らない素人なんですけども、なぜか「また観たいなぁ」と公演を観ながら胸がじわじわ熱くなりました。

それで、ゆふいん源流太鼓さんの次の公演とか近くであったら観に行きたい……とネットで探してみても、まあこれが情報が全然出てこなくて(泣)

検索してる漢字が間違ってる?とか思って色々試してみても、なかなか公演の情報に行き着かない。何でですかね?探し方が悪いんですかね?とTwitterで嘆いていたら、親切な方が情報を教えてくれました。

 

第25回大野町どんど焼き

今週の土曜日2月10日です!(近い…

第25回大野町どんど焼 | 豊後大野市

大野町の冬の風物詩。3,000本の竹を組み上げた17mを超える「どんど」と一緒に、願い札や古い御札が焚き上げられ、一年間の無病息災、商売繁盛、家内安全、学業成就を祈願します。竹のはじける音と、白煙を上げながら一気に燃え上がる、炎の迫力は圧巻です。「どんど」の前には、庄内子供神楽やゆふいん源流太鼓、打上花火などのイベントも行われます。

とのこと!

私は生まれも育ちも大分ですが、両親が大分の人間ではないし、地元の行事とか本当に疎いんですよね……きっと色んな行事があるんだろうなぁ。色々行ってみたい。

今週10日は予報では大寒波は和らいだ後くらいですが、雨の予報になってます……。小雨決行となってますが、流石に土砂降りじゃやらないのかな。一度も行ったことが無いどころか行事の名前すら聞いたことがなかったお祭り?行事?なので全然詳しくありませんが。

とにかく、豊後大野は結構近いし行ってみたいと思います。

そして勝手に応援します。

ゆふいん源流太鼓の皆様、がんばってください!公演日も寒そうですが、どうぞ体調など崩されませんように……!

 

広告を非表示にする