さんさろ

Webエンジニアの雑記&技術、たまにドイツ

ネットの瞬断が発生したので原因を探ってみた

お久しぶりです

なんだかほぼ1年ぶりの投稿になってしまいました。生きてます。

去年は6月中旬から仕事が忙しくなり、目が回るような日々でした。そのプロジェクトも今年の5月には終わり、やっと気持ち的な余裕も出てきたといった所でしょうか。

いろんな所に遊びに行きたいのに、このご時勢……。必要最低限以外は外出せず、庭の草むしりかアプリ開発に勤しんでいます。

 

ネットの瞬断が頻発

本題です。最近、多分ここ半月くらいだと思うのですが。Chrome でインターネットに接続している最中に、ネットがちょん切れることが頻発していました。

大体が

ERR_CONNECTION_RESET

f:id:binthec:20200801212100p:plain

エラー画面

こんな感じのエラーで、ついさっきまで見られていたサイト、例えば Yahoo! のトップページなんかが、リロードしたりニュース記事に飛んだりすると突然見られなくなることがありました。リロードしても同様のエラーでサイトが見られません。でも、他のサイトは普通に見られたりする。

あんまり頻発するし、一度ちょん切れると、何分か待たないとサイトが見られるようにならず不便極まりないので、原因を調査しました。

 

いきなり結論を書いてしまうと、おそらく Avast が悪さをしていたものと思います。多分。

 

せっかくなので、順を追って。

 

6月に Wi-Max2 を解約して、J:COM にしたばかりだったので、回線かモデムかな?と最初は一番外側を疑いました。2020年6月1日に乗り換えて、7月半ばまではなんでもなかったのに、なんで今さら?と思いもしましたが。

とりあえず、モデムの管理画面にログインして、イベントログを見てみると、

No Ranging Response received - T3 time-out;CM-MAC=xx:xx:xx:xx:xx:xx;CMTS-MAC=xx:xx:xx:xx:xx:xx;CM-QOS=1.0;CM-VER=3.0;

こういうクリティカルに分類されるログが出ている。

調べたらこういう↓ページが出てきて、

https://heecheee.com/blog/2017/10/01/jcom-net-speed/

ケーブルの接触不良っぽかったので、これかな?と思ったけれど、その後も頻発するネット断絶の際にイベントログを確認してみるも、同様のログは出ていない。

これが原因ではないっぽい?

 

次に、自宅には仕事用PCと自分PCの2台があって、最初は気が付かなかったのですが、どうやらこのエラーは自分PCのみで起きている様子。仕事用PCはなぜかなんともありません。

仕事用PCも当然のことながら同じモデムの Wi-Fi 使ってますので、ここから、モデムやネットワーク回線そのものが原因であるという線はなくなりました。

PC 固有の原因っぽい。

 

Chrome のバージョンかと思ったけど、どっちの Chrome も自動更新がオンなので、最新版です。 

Chrome 、というかブラウザ?は OS によって挙動が違うことがあるっぽいという記事を見つけたので、今度はこちらに目星をつけました。

PC2台とも mac ですが、自分用PC は未だに High Sierra だったのです。早速、データを全てバックアップとって、Catalina にアップグレード。

アップグレードは問題なく完了。

 

さあ、いざ!これでどうだ!

 

と思ったけど、早速ネットの断絶が発生。mac os のアップグレードとネットの断絶発生が今日の出来事。

どうやらブラウザや OS に起因するものではなかったっぽい。

 

そして、つい2時間ほど前に行き着いたのが、アンチウイルスソフトの可能性。

試しに、ネットがちょん切れてから、Avast のウェブシールドをオフにしてすぐにサイトに接続すると、あら不思議!繋がるじゃああーりませんか………

ネットがちょん切れてから4度同じ方法で試すと、4度ともサイトに問題なく繋がる。

今度こそこれが原因かな?

と思い、早速 Avast をアンインストールして McAfee をインストール。J:COM 会員は無料で McAfee が使えたので助かりました。

f:id:binthec:20200801214231p:plain

McAfee

んで、現在。

とりあえずネットの断絶は発生していないけども、これで果たして治ったのか。多分これで正解だと思うけど、ひとまず静観します。

また後ほど、結果はご報告したいと思います。